今日の収穫~(^_^)(笑)

今朝も散歩の時にラッキーちゃんが見つけて顔を出してワンッ!ワンッ!って言われたね(^_^;)

3001-_201512021529145b6.jpg


 3002-_20151202152913fc3.jpg 

それにつられて 蓮も「クゥン、クン」って

甘えたような声で ”応えて” いるんだけね


通り過ぎると もうパトロールに夢中です(^_^)

004-3_20151202150729056.jpg 


このコースを通るわんこはたくさんいるからね


みんな蓮にとっては顔なじみだから出会っても興奮することなく散歩が出来るので
安心です。

018-2_201512021507286c5.jpg 

今、近くではこんな光景が見られます。
ちゆう電柱取り換え  
電柱の取り換え作業中だって。

なので新旧のが2本立っていました。

新しい方は充電中なんだそうですよ。


ふぅん、こんな作業もあるなんて初めて知りました。



落ち葉もいっぱい!
009-4_20151202150729b50.jpg 
れんくん、そこにシャー!シャー!って


後ろ足で蹴り蹴りするものだから


この時季はたくさんのおみやげを尻尾やお尻で釣ってくるものだから

お風呂場で洗うも取るのに時間がかかってしまう
219-4.jpg 
今日はこんなので済んだけれど

もと細かいとげとげしたようなのを持って来られた時は 取り除くのに苦労しました(^_^;)


って、連れて歩く方も気をつければ?の話なのですが(苦笑)






にほんブログ村
スポンサーサイト

ダンゴムシε=(>ε<)

ここのところお天気すっきりしなくて、晴れたかと思うとザッ!と雨が降り出したり・・・
おまけに雨の後の晴れ間は蒸し暑くなっていたりで、蓮の庭放牧もさせられません。

家の中で暇そうなのでこの晴れ間に久々に庭探検してみる?
030-2_201406262317262d9.jpg 
はいっ!お口パックン!注意だから、鉢の奥に蓮が行ってしまうと、おかあさんの手が
届かなくなるので、行けないように柵で囲いました(・。・;
足りないところには、ジョーロ(笑)
034-2_201406262317258a8.jpg 
っと、それが~~
玄関ポーチのところでいきなりパックン!とやられてしまいました~(>_<)
何を?
ダンゴムシを~~(゜o゜)

で、ちょうど現場目撃していて、やばいっ!って思ってまだガジガジ音がしてなかったので
これは勇気を出してやるしかない!!って
口に手を突っ込んで取り出したのーーー!!(゜.゜)キャーー!!

そういうのすっごく苦手なので口の中でダンゴムシがどんな状態になっているのか??
こわかったーー(+o+)

ダンゴムシさん、蓮のベロの上で・・・丸まってました(^_^;)

もしも、口の中で潰れてグチャグチャになっていたら・・・
取り出せないかもーーー(汗)

037-2_20140626231724ae6.jpg 
蓮さ~ん!何をしてくれるんですか!(゜o゜)

蓮の口からおかあさんの手でつまみ出されたダンゴムシさん。
丸まったまんまで動かない・・・
え?もう・・・ダメでしたか??

って・・・しばらく観察していたら・・・
039-3_20140626231723663.jpg 

動き出しました(・o・)ホッ!
041-3_201406262317232c4.jpg  
お願いだから、ムシさんパックンはやめてもらえないかな~
って、言ったところでこういうクセは直るものではないんだろうなぁ~


すでに、ごそごそと動き始めた復活したてのところを狙ってるし(大汗)
042-2_20140626231752d98.jpg 
↑ おかあさん、流行る気持ちの蓮(苦笑)を抑えています(^_^;)


               
ところで蓮の遊びスペースを作ってあげるからって・・・

おとうさん、あの日洗浄機でタイルのお掃除していたはずじゃぁ・・・(・o・)

蓮の遊び場予定地がー(・.・;) 

                 4月のことです♪



その場所は今、こうなっております(大汗)  
031-3_20140627225549d52.jpg  

数年前に宅配牛乳屋さんから苗をいただいたのをきっかけに毎年せっせとその種を蒔いて
育てているものの・・・今年は苗の生育がよかったからって、
いくらなんでも こんなに育てなくてもいいものを(゜o゜)

今年は1種類じゃなくて去年買って食べたトマトが甘かったの種を取っていたのも仲間入りだって。

しかも、トマト鉢はここだけじゃおさまらなくて、1枚目の写真の右側の大鉢もそう。
他にも・・・あそこと、あそこと・・・(>_<)ヤバイデショーー

もう!バラの風通しが悪くて困っています(泣)
トマト♪ 

そりゃ、トマトは栄養たっぷりでおいしいけどさ~

約束だった蓮の遊びスペースの話はどうなったんだろうか(・o・)
040-3_2014062623172243d.jpg 
話は虫さんに戻るけど、もしもお口パックンしたのが他のニョロニョロ系とかなら
おかあさん、素手で取り出すことはムリだから。
薄手のゴム手でも常備して庭に出るしかない?
いや、ゴム手はめても・・・ムリ!ムリ!ムリ!!


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

今年もまたやって来たこと、5年ぶりにやって来たこと

ワタシ、毎年、年が明けて落ち着いた頃にやらなければならないことがあるんです。

バラの剪定と誘引、植え替えです。
それは、この時期に休眠するので1年に1度だけ、土を崩して根の状態のチェック
が出来ることと、春の開花に向けての準備をするためです。

これが、今年は重いんだな・・・
寒いのはもちろん、めんどくさいのもあったりして・・・。
でも、逃せないことなので、先日15日にようやく重い腰をあげましたよ


で、最初にやったこと、アーチの片側に植えてあるロココというバラの移動です。

001-2_20120117180636.jpg 

ここに植えて3~4年になるんだけど、いまいち花つきがよくないなど面白くなかったからです。
 去年も考えていたことだけど、掘り起しが面倒っだったりで断念していました。
でも、今がチャンス!やっぱりやってしまおう!お願いしてやってもらうことにしました。
力仕事なので、男の人のお手伝いは助かります。

002_20120117180635.jpg 

やっぱり、こんな時は頼むに限ります。
これも妨げになっていたかな?周りに植わっている水仙も移動することに。
004-2-2_20120117180634.jpg 

で、掘り上げたロココは2mほどに切り詰めて鉢上げして様子見です。
はて、ちゃんと生き残ってくれるかしら・・・
(大株で根を切らずに全部掘り上げは難しく、ダメージが出てるかも・・・)

013-2_20120117180634.jpg 
そんな作業で重たかった気持ちもエンジンがかかりだしてきています。


ほら、植え替えの土も仕入れて来たことだしね

また、あの作業、頑張るしかないですわ!
028-2_20120117180633.jpg 


せっかくやる気のエンジンがかかっているところだけど、昨日16日はクルマの運転免許更新
のために免許センターへ行って来ました。
007-2-2_20120117180633.jpg 

主人とは歳は違うけど、誕生日は3日違いのため、一緒に出かけました。
午前の受け付けは10時まで。
早めに出て、どうにか間に合いました


遠出の時、ひとりで家に残すことがすっかり心配になってしまって・・・
レオもクルマに乗せられて来ました。

おまけにこの日はお日さまも出なく、ちょっと寒かったのです・・・。
クレートに毛布を被せて、下にも毛布を重ねて、ちっちゃめの湯たんぽを
下に潜りこませて・・・←心配性炸裂だぁ

008-2_20120117180728.jpg 

やっぱり混んでいました・・・。
写真撮影や講習会など・・・1時間ちょっと、レオは車内で留守番しててくれました・・・

011-2-2_20120117180727.jpg 

この5年ぶりの免許更新ですが、送られて来たハガキにこんな文が。
「暗証番号」?「4桁の番号を2組」?
033-2-2_20120117180726.jpg 
免許証は19年4月から・・・ICカード化されていました。(詳しくはコチラまで)

これで偽変造免許証の作成防止になるということですが・・・。

新しい免許証も出来ました。
ただ・・・出来上がって来た新しい写真を見てみると・・・すっかり5年後の顔になっていました
当たり前のことだけど・・・



LINE_051-2_20111125192302.jpg



そして、レオのドライブボックスは、今日少し進んで・・・
026-2_20120117180726.jpg 

あとひと息で完成しそうなところまできています

036-2_20120117180725.jpg 



ランキングに参加」しています。ポチッ!っとお願いです

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

今年もよろしくお願いいたします。

Happy  New Year  !!


年賀4 


新しい年が幸せな一年でありますように・・・

今年もよろしくお願いいたします


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

不幸な子をなくすために・・・ご協力お願いです!!~環境省で意見受付中~

「チャピログ」のぐりんさんの記事からの転載です。

実は、私はこのようなコメント募集があるということは知りませんでした。
あまり大々的に公表されていないのでしょうか・・・


5年ごとに行われるという「動物愛護法改正」。
環境省ではそれに向けて、その中の1つ、「動物取扱業の適正化について(案)」に対して
一般の人たちからの意見を募集しているのだそうです。


前回の5年前は動物愛護側の意見数が足りず、販売業者側の言いなりに法が
決まってしまった のだそうです・・・


ぐりんさんの記事にも書いてあるように、コメントの数が勝負!!だそうです。
締切も迫ってきています。

 

みなさん、犬や猫、・・・ペットたちの不幸をなくすためにも是非!!
ご協力をお願いします。


~~~8月10日追記
ぐりんさんがパブリックコメントのわかりやすい書き方ページを
見つけてくれましたよ!
行ってみてください♪

mon-cher-chatさんの「パブリックコメントについて oneAction forAnimals」





来年、2012年は、5年に1度の「動物愛護法改正」の年です。
それに向けての会議が、今年行われています。

その中の1つ、「動物取扱業の適正化について(案)」に対して、環境省が、一般の人たちからの意見(パブリックコメント)を募集しています。

募集期間 平成23年7月28日(木)~平成23年8月27日(土)必着

こちら→「動物取扱業の適正化について(案)」を読んで、それに対する意見を書いて送ります。
項目は1~14までありますが、1つに対してだけでも構いません。


前回(5年前)の改正時には、動物愛護側の意見が足りず、販売業者側の言いなりに法が決まってしまったのだそうです。
かくいう私も、こうしたパブリックコメント募集があったことを知りませんでした。
案の中には「子犬を親から離す日齢について」「繁殖制限について(パピーミルの問題)」の項目もあります。
両方とも読んだ限りでは「事業者の自主規制に任せるべき」で落ち着いてしまいそうな気がします。

皆さん、意見を送りましょう。
パブリックコメントを送りましょう!
具体的な案が書ける人は書いてもいいし、「生後8週未満の子犬を親から離すことに反対します。」「自主規制では状況は変わりません。繁殖制限をしてください。」など、ひと言でも構いません。
ある意味、数が勝負です。
このことを(パブリックコメントが募集されてるということを)広く広めてください。

この記事の転載、コピー、リンク歓迎です。
意見はメール、郵送、FAXから送れます。

*環境省のページ http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069
*意見募集要領(送り先・メアド・FAX番号など)
 http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17981&hou_id=14069



Blue Bird's Nest の雪凪響さんが、
「パブリックコメントの書き方例」を書いてくださってます。
記事と合わせて読んでみてください。


子犬を親から離す時期については、いろんな意見があると思います。
私は前に書いた記事のような考えで、生後8週を超えてからが望ましいと思います。(小さな子犬は可愛いけどね‥でも犬のことを考えたらそうした方がいいと思う。)
記事内にリンクしてあるドッグ・アクチュアリーの記事もぜひ読んでみてください。

私も案をもう1度よく読んで、書ける意見を書こうと思います。


~~~~~


その書き方例がコチラです。 (1~14項目のうち1つに対してだけでも構わないそうです。)


☆パブリックコメント書き方例☆


1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件
担当者氏名及び所属部署名)
2.住所:〒
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください)

(1)深夜の生体展示規制

昼夜を問わぬ、または長時間の展示において、とりわけ長い睡眠時間の必要な幼い犬猫は成長時に支障をきたします。夜8時以降の販売は禁止にしてください。
また、昼の展示も、3時間ごとに休憩を挟むなど、連続展示をひかえることを要望します。また、この件において、現状の動物取扱業の対象である哺乳類、鳥類、爬虫類までを対象とすることを要望します。

(2)移動販売

移動のストレスや騒音、また、病気の動物に対し適切な治療がなされていなかったりする例があります。仮に基準を決めたところで監視は難しいと思います。禁止を要望します。

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化

対象は物ではなく、命です。簡単にパソコンのボタンを押して、宅配便で届くなどの安易な扱いは異常なことだと思います。インターネットなどの対面をしない販売は全面禁止を要望します。

(4)犬猫オークション市場(せり市)

本来、禁止すべきことだと思います。「動物の愛護及び管理に関する法律の関係法令等」の2ページめ、基本原則 第二条に 「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。」とありますが、オークションにかけることは、命あるものにかんがみという条文に著しく反した違法行為です。

しかし、現在において、「販売されている犬猫は、一定の割合でオークション市場での取引を経由している」ということが、案の3ページ目74行に書かれていましたから、どうしても急には廃止できないというのであれば、同ページ77行からの提案のように、最低でも「ペット関連業者が動物取扱業の登録業者であるかどうかの確認ができる仕組みや、市場の情報公開を義務付け、必ず、行政等に司法警察権を持たせて、監視し取り締まる仕組みを確立しなければならないと思います。

(5) 犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢

とりわけ犬では、早期に引き離した場合、成長後に、咬み癖や吠え癖等の問題行動を引き起こす可能性が高まるとされていますが、このことにより、保健所につれていかれ、殺処分される現状をつくっていると言えます。確かに、犬にも猫にも個体差はありますが、全ての幼い犬猫が社会化される日数を基準として頂きたい。7週程度ではまだ、社会化の不十分な個体もおります。最低でも8週未満を親から引き離さないようにすべきです。

(6) 犬猫の繁殖制限措置

繁殖は母体に多大な負担をかけます。無理な繁殖により、歯や顎の溶けてしまった母犬も見られます。自主規制にまかせるという意見もあるようですが、自主規制程度では現状は変わらないと思います。最初の繁殖年齢の設定や、生涯における繁殖回数の制限は必須です。

(7) 飼養施設の適正化

これも必ず数値化して頂きたい。数値規制がないことにより、立ち上がることも困難なケージに動物が押し込められているところもあります。法規制をつくって頂きたいです。犬猫だけでなく、うさぎなど、動物取扱業に入っているものについて皆、検討すべきと思います。

(8) 動物取扱業の業種追加の検討

①動物の死体火葬・埋葬業者
2010年4月に、ペット葬儀屋の男が山に動物の死体を捨てる事件が起こりました。とりわけ、ペットが家族化している現状がある中で、古来から、家族とした死者の魂がかえってくるという思想である盆や49日などの死生観と風習を持つ日本人にとって、著しく心情を害する事件であったと思います。動物愛護先進諸国にはまだ葬儀屋の規定はありませんが、このような事件が起こったことと、日本人独特の死生観から見ると、業種に含め、法にて管理するのがよいと思います。案の5ページ目160行の「法第1条で生命尊重等の情操の涵養に資することが目的とされていることから、動物の葬送についても業種に含むべき」という意見をおします。

②両生類・魚類販売業者
案の5ページ目170行にありますように、「魚類等の遺棄により生態系への影響が見られる事例があり、生物多様性保全の観点からも問題の温床となっている」ということから規制の対象とすべきと考えます。

③ 老犬・老猫ホーム
④ 動物の愛護を目的とする団体

③においては、業種登録等の規制は必要だと思います。
④にも、悪徳団体もあるといううわさから、なんらかの規制は必要だと思いますが、どちらも一般的な動物取扱業者とは異なる対応がふさわしいと思います。

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
(10)登録取消の運用の強化
法令を違反した場合、登録されているものの取り消しと、再度の動物取扱業の登録拒否を行える条項は追加すべきであると思います。現在のように、違反しても上手く取り締まれず、多くが野放しで、また違法とされて裁かれても罪が軽く、再登録すればまた商売を始められるというのでは法の意味がありません。


(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
業種緩和の検討(動物園・水族館の緩和検討」
(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)

現在において、動物愛護法の「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。」というところがまもられていないところが多く見られるなか、法規定から除外したり業種や説明義務を緩和したりはすべきではないと思います。
(12)は、案の7ページ目246行にある、「動物園・水族館の職員や動物病院の獣医師であっても動物愛護に関する知識を有しているとは限らない場合があることから、一律に責任者設置義務規定を外す必要性はない。」という意見に賛成です。
(13)で、ハムスターを不適切な飼い方により死なせてしまった件は多々ある。動物愛護法にあるように、「いのちあるものとしてかんがみ」であるのならば、そのような件を減らすよう努力すべきであると思います。

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)

現在の登録制では規制が不十分であり、法令を違反して登録を抹消されても再登録すれば業務再開できるのはおかしい。許可制にする強化が必要だと思います。


~~~~~

ぐりんさんはまた、「パブリックコメントのことについて」 「繁殖制限と生後8週齢について
の記事でも 詳しく載せていますので 合わせて読んでみてください。


みんなのチカラで尊い命が救われます。
ご協力をお願いします!!


003-2_20110806080026.jpg


犬や猫たち・・・みんな幸せになって欲しい・・・
殺処分ゼロ!!の世界になってくれますように・・・




にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
     
プロフィール

yumi-clip

Author:yumi-clip
千葉県在
迷コンビ、レオとの日々の出来事を綴っています。

☆レオ☆
2004年6月18日生まれ
<マダムパピヨン出身>
(まーちゃん×ハル)
おっとりしていてどこか不思議な子。
少しずつブログの中で紹介していきます。

でも・・・
まだまだ一緒にいられると思っていたのに・・・レオは8歳4ヶ月の2012年11月4日に「悪性リンパ腫消化器型」が悪化してこの世から旅立ってしまいました(・_;)
ほんとうに!ほんとうに!・・・
かけがえのない子でした。

以降、おかあさんはレオはきっと生まれ変わって
また”別の姿”になって見つけられるところにいてくれるはず・・・。
こう言い聞かせて自分を励ましてきました・・・。
レオとの思い出がいっぱい詰まったこの場所を守りながら・・・。

そんな中、レオが旅立って7ヶ月になった頃に、保護犬 蓮(れん)が現れました。

それはまさにレオが繋いでくれたかのような出会いでした。

元気でいたなら
はじめまして
 
070-3_20130702124940.jpg 
♡蓮♡ 保護時推定1歳半くらいのパピヨンの男の子です。

2013年5月始めに神奈川某所にて小型犬6頭遺棄されていた中の1頭。 レオの7回目の月命日の6月4日にトライアルスタートし、 レオが元気でいたなら9歳のお誕生日を迎えるはずだった6月18日にわが家に正式譲渡になりました♪ ピコピコおもちゃ大好き!おかあさんに引っつき虫の甘えん坊。
保護されるまではケージの中だけの環境にいたせいか、
他人にはまだ恥ずかしい&緊張でお散歩に時間がかかってしまうこともありました。

蓮のペースに合わせてこれから色んなことをお勉強していきます(^_^)
応援してくださいね(*^_^*)
キネンビ
ランキングに参加中♪
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
フリーエリア
300-70-2.jpg 
フリーエリア
008-3_201503272304298d9.jpg
検索フォーム
月別アーカイブ
電力使用状況&電気予報
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR