パピちゃんとの再会

弟とRくんから週末にアニマルフレンズ新潟に行って来たとの報告がありました。

あれから、ちょうど1週間ぶりの再会になります。

画像が届いたのでお知らせします。


 

DSCF1680-2.jpg 

DSCF1679-2.jpg


DSCF1675-2.jpg 

中にはペットホテルも隣接していて海外へ帰る外国の方も多く利用しているようです。



DSCF1678-2.jpg DSCF1681-2.jpg 


DSCF1682-2.jpg  DSCF1676-2.jpg 


DSCF1686-2.jpg 


あの子たちは・・・

被災地から保護されたペットも多いため、先日の”新潟組”は臨時場所にいたそうです。


110709_1146~02  DSCF1683-2.jpg 

うわぁ~、みんな元気にしてた?

犬たちは毎日散歩をしてもらっているそうです。

その時の様子をRクンは まるで卒業したクラスメイトに久しぶりに会った気分だった
のだそうです。
一緒に共に過ごした仲なんだねー


ほら、あのダックスちゃん、いましたよ。
何でも、ボランティアの間では”面白い子”で通っていたのだそう。
とにかく、常に人を観る・・・というか観察している・・・
すぐに寄って来てお腹を出して服従ポーズをとってくる・・・
何か、ちょっと暮らしてみたいね。
いっぱい可能性が詰まっているかも・・・
この子はすでにいる子のお姉さんとして行先が決まっているそうですよ。


110709_1148~02-2 110709_1149~01-2


そして・・・
あのパピちゃんも・・・


2011070911430000-2.jpg 

元気にしていたそうです。
すっかり笑顔になってるね。
以前ならケージを開けると奥へ行っていたのが、自分から出たい!と来るようになりました。


その後、ケージから出してもらったパピちゃんは、”同じ釜の飯を食べてひとつ屋根の下で
共に過ごしてきたクラスメイト”に挨拶してまわっていたそうです。
久しぶりに訪ねて来たふたりよりも・・・


2011070911370000-2.jpg 

トリミングもしてもらって、さっぱりしてたようです


110709_1200~01-2


2011070718410001-2.jpg  


その笑顔、すてきだよっ

2011070718410000-2.jpg   
 

Rクンは、片道2時間かけて週末にまた行こうかなぁ・・・と・・・


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

命の尊さを伝えたい

今回、この記事を書くにあたっては、現場でボランティアをしていた青年R君から
”ここの子たちのことも伝えてほしい”と強く言われました。
画像はすべてR君が携帯で撮影したものです。
(一部衝撃的な写真もありますが・・・)


店の裏に離れの小屋があります。

110626_1130~01 


110626_1130~02 

当日、そこに駆けつけて目にした光景は・・・


110626_1136~02 

ここには、ビーグル、W・コーギー、J.Rテリアなど・・・
14匹ほどの犬がいたそうです。

110626_1135~04 

110626_1134~04 


110626_1131~03 

そのうち数匹は妊娠していたそう。
W・コーギーは保護されて数日後に出産したそうです。
赤ちゃんは健康でした。

もしも、事態がこのような展開を迎えず、ここで産んでいたなら・・・


 110626_1131~04 


110626_1134~03


110626_1131~01 

この子たちはこの中で飼われていたそうです。
 ↑のケージがきれいなのはR君が掃除済の写真だそうです。

110626_1132~02 


私は、送られてきたこの画像を見て・・・
ことばが見つかりませんでした・・・

同時に載せることも・・・
どうしたものかと・・・
思ったのですが・・・


110626_1132~03 

この子は、ここで・・・
と思うと・・・
やっぱり・・・

110626_1133~01 

110626_1133~02

仕事帰りに、弟ももちろんだけど、片道40㌔先の新潟から夜遅くに駆けつけて
いつも、ボランティア活動を支えてくれたCさんは、「私はめったなことでは泣かない
けれど、この場所を見た時は涙が出てしまった・・・」と言っていたそう。


ここにいた子たち・・・
大勢の人がここに入ることなんてなかったことでしょう。
ここから一旦立ち去る時も、かん高く吠えたそうです。
R君にはそれが「行かないで!!待って!!」の叫びに聞こえたそう・・・。
きっと、人恋しかったのでしょうね・・・


店の中に移動させてきた当初は元気もなくガリガリで心配されたそうですが徐々に
体格もよくなってきたそうです。


110703_1336~01 

後ろ足の筋肉が弱いため、喜んで外に出るけど永く立っていられず、すぐにケージに
入って休んでしまうのだそうです。


110701_1235~01 

それでも気になり、入ったり、出たりと・・・
嬉しかったのね・・・


いろんな人が見にきてくれ、撫でたり、外に連れ出してもらったりと・・・

今までで、この子たちにとって、もっとも充実した日だったようです。

110702_2159~01 

この日はみんな、すっかり心地よい疲れが出てしまったのか・・・
ぐっすり!!だったよう・・・。

いい夢見てる?



10日間に及ぶ波乱万丈な日々を終え、今、犬たちは新潟市郊外にある「アニマル
フレンズ新潟」
に移りました。

かつて61匹がいた店内はすっかり静かになったようです。


私は、現場を実際に見てはいません。
ウンチの片付けも、ケージの掃除も、散歩もしていません。

ただ、送られてきた画像を見て、現場の話を聞いて編集しただけです。
もし、そこにいたら・・・私に何が出来たのだろうか?
あれから時々考えてみたりしてます・・・。


この騒動の最中、ボランティアをした人に共通したことがあったそうです。

※疲れて家に戻ってふと見た鏡に映った自分の顔が犬のように見えたり
※店に入って流れている店内放送が犬たちの泣き叫ぶ声に聞こえる
※自分の家の片隅に置いてあるバッグなどの小物が犬に見えてしまい
「あ、ここには、今、犬はいないんだった・・・」と
我に返ること

など・・・
壮絶な戦いだったんですね・・・。

現地でボランティア活動をしてくれたイザベラさん、Hiroさん、
Cさん、R君、犬たちを守ってくれてありがとう!!


R君はこうも話してくれました。
ペットを繁殖したり販売したり・・・利益を得るために悪質な者は犬(命)を物として
扱う、人間のエゴがある。と・・・
 そして、一時の流行でただ可愛いから、欲しいと手を出してしまう「買い手」の方にも
問題があると、付け加えられました。
(かわいいだけでは飼えないものなのです・・・)


犬は人に寄り添って生きる生き物。
「犬」←「人」
人と仲良く寄り添ってこそ幸せなんだと思います・・・。

アニマルフレンズ代表のイザベラさんは色んな悲惨な現場を見てきたそうです。
国内にかかわらず海外でもこのような状態におかれている、物を言えない子たちが
どうか出ませんように。


今回はブログ上で「緊急のお願い」発信をしたところ、いろんな方々から転載して
いただき助けていただきました。
感謝しています。
ボランティアも現場でその力が励みになり、助かったと言っています。

ありがとうございました!!

でも、この問題、決してこれで解決したわけではありません。
まだ、里親さんの現れてくれるのを待っている子がいます。
(被災犬も多く保護されています)

引き続き、里親&現地でボランティアをしてくれる方の募集を
しています。

お問い合わせは「アニマルフレンズ新潟」まで。


★日曜日に弟が現地にボランティアに行って来るそうです。
更新情報などあったら随時ここで報告しますね!


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

里親募集の新聞記事で

7月2日の地元新聞に里親募集の記事が載りました。 


shinbun.jpg  


この記事から問い合わせが殺到したそうです。


110702_1303~04 


連絡先にしていた携帯は早朝から鳴りっぱなし!!


110702_1303~03 


途中電池がなくなり、充電しながらの応対だったようです。

110702_1304~01-2 

一番問い合わせが多かったのは仔犬も含めて柴犬。
ダントツだったみたい。


110702_1334~03-2 

110702_1359~01 


110702_1334~02 

R君の同僚のS君もこの日は仕事がお休みなのでボランティアを
かって出てくれました。
S君、動物が大好きらしく、犬の扱いはお手の物!
排泄の処理も嫌な顔もせず、大型犬でも物おじしなく、お世話してくれました。


110702_1341~01 


110702_1341~02 



110701_1235~03 

このダックスちゃん、大きくて最初ケージの中ではよく吠えていた子だったそう。
いったん、ケージから出して向きあって接っしてみたらすごく穏やかで優しく
常に人のそばにいたい子だそう。
気が付くと人のそばに寄り添って膝の上に上がってくる・・・
そして、よく人の顔を見つめてくるのだそうです。

110703_1755~02 

きっと、ベストパートナーになってくれるね!!
 

110701_1238~05  


このダックス、ケージを噛んでしまったのか下の犬歯がない・・・
歯の状態も悪く缶詰とか軟らかいものしか食べないそう。
歯がないのを承知の上、この子の里親希望者もいたそうです。 
 


110701_1239~07 

片目が少しおかしいマーブルのダックス。
希望者がいないのなら私が、という人も・・・


見学者の中でジャックラッセルテリアを家で飼ってる人からの指摘で後ろ足脱臼?
もし、引き取り手がいなければうちで引き取ってくださると・・・

妊娠しているジャックラッセルも・・・この子も引き取り手がいなければ出産も面倒見ると。
あえて、第一希望をこういった人気のない方にする方も多数出てくれた。


他に、その犬種に思い入れがある人もよく訪れたとか・・・。
秋田犬を目の前にして最近若くして病気(生まれつきのアトピーで薬を飲み続けたため
肝臓を悪くして・・・)亡くなってしまったエピソードを目を赤くしながら話してくれた人も・・・。

最近、老衰で亡くしてしまった・・・という人も結構いたそう・・・


110703_1752~01  


最後まで決まらないと思われていた秋田犬。
いつの間にか「新潟のわさお」というアダナまで付いていたようです。


110703_1753~01 

大型なので柵から出して散歩などする時は少し怖いと思ったけれど・・・
付き合ってみたら、すっかり打ち解けてとても穏やかな子であることが判明。

この土日2日間でほぼ決まったそうです。 
  

DSCF1596-2_20110704224748.jpg 


仔犬を抱えたテリア。
ケージの掃除などで店内に放し飼いにしていた時、このお母さん犬は
周りで吠えだした犬たちに警戒してしまったのか仔犬を守ろうと1頭ずつ
咥えて店奥まで運びだしたことも。
R君、最初は仔犬を食べちゃうんじゃないかと思ってしまったそう。
人一倍(犬一倍)母性の強かったお母さんらしいです。

DSCF1597-2_20110704224747.jpg 


以前の記事でも思ったけど、本当に優しいお母さんの顔してますよね。
で、まったく警戒してない。安心しきっているみたい。

DSCF1652-2.jpg  


110626_1129~03 

店裏の物置に置かれたクレート内にいた柴犬たち・・・

110626_1129~04 

。。。。。

110703_1754~01 

110702_1623~01

110630_1258~03  


店内に移動させたものの落ちつきがなく動作が定まらなかった
様子・・・。
きっと、今までのストレスが溜まっていたんだね・・・。


110630_1305~03 

散歩に連れ出したら走る力があり余っていたように全速力でダッシュ!!
新しい飼い主さんが決まったからこれからはたくさん走れるねっ!
もっともっと楽しいことが待っているよっ!

 

結局、この日は朝6時から夜9時くらいまで200件以上の問い合わせが
ありました。
希望者には連絡先を記入してもらい後日「アニマルフレンズ新潟」から連絡が行き、
家族が犬を飼う資格があるかの”審査”があるみたいです。


現在、ダックス、ビーグル成犬、仔犬・・・まだ数匹がアニマルフレンズで里親さんが
現れてくれるのを待っている状態です。
 

この日は色んな人が見に来てくれて撫でてもらったり散歩に連れて行って
もらったりと・・・今まででこの子たちにとって、最も充実した日になったのかも。
(ダイジョーブ!これからもっと楽しいことが待ってるからねっ!!)




続きます・・・。



アニマルフレンズ新潟では里親募集&現地で世話をしてくれる
ボランティアを募集しています!!
 
(被災地で保護された犬たちも多数保護されています。)

連絡はアニマルフレンズ新潟まで。






にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

初めて見る世界、初めての散歩、そして走れ~!

ボランティア記事が続いております。

今回は現地でボランティアの最前線で活動しているR君からの報告が
届いています。

先日の★記事トップに載っていたトライのパピヨンちゃん。

そう、この子ですよ。

110626_1140~04 

私は初めてこの画像を受け取った時に、胸が痛くなってしまいました。
なんか・・・今までどんな気持ちでここにいたのかと思い・・・。
 

110626_1140~01 

110626_1139~04 



あなたは、ここにず~っといるために生まれてきたんじゃないよねっ!!
。。。。。 。。。。。



その後、きれいにシャンプーされたそうです。
おそらく彼女にとっては初めてのこと・・・。


110630_1319~02 
ワタシ、何をされるのかしら?・・・


110630_1319~05 

ダイジョーブだよ。怖くないよ。きれいになろうね!


110630_1319~03 


そして、ゴシゴシ・・・


110630_1337~01 

110630_1338~02 

あららら・・・


ほら~、すっかりきれいになりましたよっ

何だかこのお顔模様と表情、レオみたいだよ・・・
あっ、レオのお母さんもトライでゴマが付いているからね(笑)


DSCF1647-2.jpg 


その後、R君は散歩に連れて行ったそうです。

110630_1418~03  

110630_1418~01 

110630_1418~06 

ほらっ!走れ~、走れっ!!

110630_1416~02  

楽しいね~!

110630_1416~03 

嬉しいね~!!


110630_1417~01 

R君コメント→走りながらも時々、顔を見つめてくるのだそうです。
(きっと、彼はたまらないんだと思います・・・(笑))

110630_1419~02 

110630_1419~01 

110630_1422~01 

え?もう帰るの?
もっと走ろうよ~~~



ケージの中からの表情も・・・

110630_1425~01 

110630_1425~03 

110630_1426~01 

いい顔してるでしょ!!



110630_1420~01 

だいじょうぶ、み~んな、あなたの仲間だよっ!!!

ぜったい、しあわせになれるから!!! 


    
   

※引き続き里親募集&お手伝いをしてくれるボランティア の
募集しています!!!

★問い合わせはHiroまで。
(ghzzt231★yahoo.co.jp←★を@に変えて)
               (弟です)



~~~~~
そして、このところボランティア記事ですっかりひと休み中のパピレオ。

ボクは元気だよ! 
暑さに負けず、元気で~すよ
(昨日の夕方の散歩で・・・)



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

あれから犬たちは・・・~現地からのリポート~

 このたびの私の記事の転載で多くの方のご協力をいただきましてありがとうございます。
効果もあってか、遠方からも里親希望のお問い合わせも届いているようです。

   
110630_1529~02 

110630_1530~01  
  
110630_1529~01 



今日は実際に現地でボランティア活動をしている弟からのコメントも届いていますので
ここで紹介いたします。



弟からのコメント←少し長いです最後まで読んでいただけたら嬉しいです。


みなさま。

このブログや皆さんのブログ記事の中で今回の件をご紹介頂き、
本当にありがとうございます。たくさんの人から応援のメッセージ、
そして遠くの方からも里親希望の問い合わせを頂いており、皆様のお言葉、
お力に感謝しております。

さて、昨日は会社を有休とって犬の世話に行ってきました。いかんせん、子犬を
入れて61匹の給餌、排泄処理、散歩だけで一日(早朝から深夜まで)が終わって
しまいます。

昨日の新潟県胎内市は曇り。時折日差しが出て暑くなりましたが、適度な風も出て
いたため、ケージの中ではありますが、犬達を外の駐車場へ出してあげました。
その甲斐あってか、通りがかりの人たちや、貼り紙を見て訪れる人、友達から噂を
聞いて
駆けつけた親子、近所の人たち・・・ちょっとした出店状態になりました(笑)。
もちろん、ただの興味本位ではなく、皆さん真剣に里親として受け入れてくることを
希望している皆さんです。

「今夜パパに相談する」と、ダダをこねる子供達には、散歩を手伝ってもらいました。
しかし、悲しいことにケージ育ちの犬達は、散歩をしたことがないため、尻尾を丸め
たり、リードにおびえたり、まっすぐに歩けなかったり・・・。
でも散歩から帰ってくる頃には、尻尾もまっすぐに立って、元気になっていました。

普段はキャンキャン泣き喚くだけのケージの犬達。でもこの日は、訪れる人たちに
撫でられ、散歩してもらい、満足の様子でした。

犬達も徐々に(劣悪環境だった)店舗内から、保護団体の施設に移動させています。
妊婦や病気だと思われる犬達を優先させています。
今晩も数匹、明日も数匹移動させますが、この日、月の2日間で、すべての犬を移動
させる予定です。新潟県胎内市→新潟市西蒲区まで。

今はとにかく世話をしてくれる人出が足りないのですが、おととい、会社帰りだけど、と
革靴のまま訪れてくれた男性とその奥様。ケージの洗浄や排泄処理まで深夜まで
手伝っていただきました。
その方は、昨日の夜も訪れ、どうしても週末にお手伝いしたい、と嬉しいご提案を
頂いています。皆様のお力を借りてすべての犬達が、安全に順調に、移動できれば
いいと思っています。

ところで、現在人気なのは、柴。子犬が8匹いるのですが、すでに予約状態。
柴はまだ1ヶ月程度なので、すぐには渡せませんが、しっかりと獣医に見てもらい、
そしてワクチンや避妊、それから、お祭りのヒヨコではないですが、一時のブームみた
いに 命を扱わないように、ちゃんと里親になる方と、しっかり面接してからお渡しする
予定です。

さて。犬達の中に、パピヨンが数匹います。その中にボランティアのR君がお気に入り
の 白黒がいます。白い部分が糞で汚れ、せっかくのトーンが台無しになっていました。
世話が少し落ち着いた昨日、R君はそのパピヨンをシャンプーしてくれました。
残念ながら、完璧に綺麗にはなりませんでしたが、ずいぶん綺麗になりました。
シャンプーから帰ったパピヨン君も、もう人におびえることもなく、目が輝いているように
見えました。これからちゃんとした食事を与えて、環境もよくなれば、きっと毛色やツヤ
も 戻ることでしょう。

私のお気に入りも数匹いますが、気になっていたのは黒いダックス。
ほとんどの犬は、食事を与えるときに喜んで食べるのですが、そのダックスだけ、歯を
むき出しにして威嚇うるので、ケージを開けるときにも注意が必要でした。
しかし、おととい、ケージを外に出し、綺麗な空気を吸わせてみたところ、少し落ち着い
て きたのか、とても
優しく尻尾を振り始めました。
今までそのダックスに触れるこおすら出来なかったのですが、ケージを開けても威嚇
する ことなく、逆に寄ってくるように・・・。そしてなんとお腹を見せて甘えるそぶりも。
今まで切なかったんだろうな、辛かったんだろうな、甘える人も、人の温もりも感じる
こと なく・・・。

私は時々、犬じゃなくて良かった、と思います。それは自分に尻尾がついてなくて
よかった、 という意味で(笑)。だって自分に尻尾がついていたら、大好きな人の前で
感情を抑えられず、 尻尾を振ってしまうのを見られてしまうのが恥ずかしいから(大笑)。
犬はとても従順です。そして嘘をつきません。
彼らの感情は尻尾が示してくれます。ここ数日、彼らの尻尾の振り方が変わってきて
いるのがよく分かります。

その振り方が、いつまでも続くように、私にできることを頑張りたいと思います。
皆様のご協力に感謝しております。そしてもう少し見守ってください。



そして、昨日の犬たちは・・・(一部の子を紹介します。)


DSCF1662-2.jpg 

DSCF1665-2.jpg 

DSCF1651-2.jpg 

DSCF1652-2.jpg 

DSCF1653-2.jpg 

DSCF1655-2.jpg 

DSCF1656-2.jpg 

DSCF1648-2.jpg  

DSCF1650-2.jpg 

DSCF1635-2.jpg 

DSCF1636-2.jpg 

DSCF1637-2.jpg  

DSCF1627-2_20110701121748.jpg 

DSCF1628-2.jpg 

DSCF1629-2.jpg 

DSCF1630-2.jpg 

DSCF1632-2.jpg 

DSCF1633-2.jpg 

DSCF1603-3.jpg 

DSCF1598-3.jpg  
  
DSCF1645-2.jpg 



犬たちの顔、当初の写真より表情が出てきているように見えませんか?
み~んな幸せになろうね!!!



引き続き、里親募集しています!!
また、世話をするボランティアが足りません・・・
ご協力いただける方は
ghzzt231★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)まで連絡ください。


↑コメント欄での白黒パピヨンはその後のR君からの報告で君(♂)ではなく、
ちゃん(♀)であることが判明いたしました
あまりにも凛々しかったのかな?
みんな、外見だけで判断してはいけないよ(笑)

このパピヨンちゃんのシャンプーの様子は次回に続きます。
(どこまでも追跡します。)






にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

     
プロフィール

yumi-clip

Author:yumi-clip
千葉県在
迷コンビ、レオとの日々の出来事を綴っています。

☆レオ☆
2004年6月18日生まれ
<マダムパピヨン出身>
(まーちゃん×ハル)
おっとりしていてどこか不思議な子。
少しずつブログの中で紹介していきます。

でも・・・
まだまだ一緒にいられると思っていたのに・・・レオは8歳4ヶ月の2012年11月4日に「悪性リンパ腫消化器型」が悪化してこの世から旅立ってしまいました(・_;)
ほんとうに!ほんとうに!・・・
かけがえのない子でした。

以降、おかあさんはレオはきっと生まれ変わって
また”別の姿”になって見つけられるところにいてくれるはず・・・。
こう言い聞かせて自分を励ましてきました・・・。
レオとの思い出がいっぱい詰まったこの場所を守りながら・・・。

そんな中、レオが旅立って7ヶ月になった頃に、保護犬 蓮(れん)が現れました。

それはまさにレオが繋いでくれたかのような出会いでした。

元気でいたなら
はじめまして
 
070-3_20130702124940.jpg 
♡蓮♡ 保護時推定1歳半くらいのパピヨンの男の子です。

2013年5月始めに神奈川某所にて小型犬6頭遺棄されていた中の1頭。 レオの7回目の月命日の6月4日にトライアルスタートし、 レオが元気でいたなら9歳のお誕生日を迎えるはずだった6月18日にわが家に正式譲渡になりました♪ ピコピコおもちゃ大好き!おかあさんに引っつき虫の甘えん坊。
保護されるまではケージの中だけの環境にいたせいか、
他人にはまだ恥ずかしい&緊張でお散歩に時間がかかってしまうこともありました。

蓮のペースに合わせてこれから色んなことをお勉強していきます(^_^)
応援してくださいね(*^_^*)
キネンビ
ランキングに参加中♪
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
フリーエリア
300-70-2.jpg 
フリーエリア
008-3_201503272304298d9.jpg
検索フォーム
月別アーカイブ
電力使用状況&電気予報
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR