わすれない・・

5年前の今日

あの大きな災害が起きなかったら

今でも 続いていただろう生活があったはずなのに・・


大切な人たちと 今でも ・・


わすれないから 

地震 津波  そして原発事故

一瞬にして みんな奪っていってしまった


あれから5年


未だ2561人が行方不明

余儀なくされている避難生活

廃炉まで永い道のりの原発


それでも被災地では前に向けて動いている


私たちに出来ること、

5年経っても何年経っても失った元の生活は戻って来ない・・

せめて3.11は被災地に心を寄せて。



そして 

この先も 

あのことを決して忘れてはならない・・




いつも通りの生活が出来ることが どんなにか幸せなことだろうと


一日一日を大切に過ごしていかなければと改めて思うのです。

           


検索は応援になる



今年もYahoo!JAPANで「3.11」と検索するとひとりにつき10円が


被災地の復興に携わる団体に寄付されるそうです。


⇒「検索は応援になる






にほんブログ村
スポンサーサイト

蓮の仕事です^o^)

気づいたら 静かに こたつに潜っている子、見つけました(^o^)

085-2_2016010521462116b.jpg
普段の専門は おかあさんのストーカーだけど

時々こうやって ひとりの世界にいることも好きだよね(笑)

 086-2_201601052146219d7.jpg
そんなことは どーでもいいんだけどね(^_^)
087-2_20160105214620096.jpg 

蓮の仕事は・・
088-2_20160105215936b93.jpg 

元気でいること!

だから(^o^)/

 090-2_20160105214618f43.jpg
それは 今年はもちろん、

この先も ずっとだよ
091-2_20160105214617434.jpg
蓮の仕事は 元気でいること! です(^o^)



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

図書館で見つけた「お家に、帰ろう」

土曜日、借りた本の返却に行った図書館の新刊コーナーで気になる本を見つけました。
7お家に、帰ろう 
「お家に、帰ろう」

こんな表紙を見たら・・・開かずにはいられないよね


その場でパラパラとめくった中には収容された犬、猫の写真が綴ってありました。
表紙のコは野良犬が産んだコで人間を知らずに生きてきたせいで
なかなか警戒心が消えなかったというのが表情から伺うことが出来ます。
お家に、帰ろう8 
その後に里親さんが見つかって引き取られて行ったと読んでいてわかり、
良かった~って思わずにいられませんでした。
右の仔犬はどうなったんだろうか・・

熊本市動物愛護センターはどこよりも早く「殺処分ゼロ」を目標に掲げて
昨年度目標達成したのだそうです。
そんな犬、猫を殺処分することなく、共に生きていくことが出来る世の中になることへの
願いを込めて出版されたフォトエッセイになっているのだとか。


そして・・

中ほどに載っていたこの白い犬

怯えた子を胸に抱いて、じっとカメラを見つめています。
お家に、帰ろう4 
この子は何もかも悟っているかのような眼差しでカメラを見つめていたのだそうです


幸運をつかんで ”家族” の元に引き取られて行ったら残りの犬生がどんなに幸せか

それでも叶わずに、ここで最期を迎えてしまう子もまだまだいるわけで・・

そもそも・・どうしてこんな所に連れて来られなくちゃいけなくなったの?
から始まる気がするんですけどね
最後まで家族として一緒にいてあげられなかったのだろうか?

そして、この白い犬も・・・


その場で最後までめくっていて、もの凄くヤバくなって目が熱くなってしまって
ダメだ!こんなところで目を真っ赤にして退出なんて出来ないでしょ!って
自分にエンジンかからないように!って気持ちを落ち着かせるのに困ってしまいましたが

結局、この本は借りずにそっと元の場所に戻して来るしかありませんでした。

残酷な写真も載っているわけで

帰ってからも あの白い犬の眼差しと最期がどうしても頭から離れなくなってしまって(涙)

どうしてこの子はここに来たんだろう?とか
最後まで家庭犬として送らせてあげたかったなとか
それはどの子にも言えることなのですけどね


動物を題材にしたテレビ番組では 可愛い犬や猫の姿ばっかり出るんだもの、

そりゃ、欲しい!ってなってショップに足が向かうよね、

その裏では毎日毎日・・・こんなことが全国で現実に起きているんだということも
知らなくてはいけないんだと思います。
可愛い仔犬の裏での母犬のこととか、
ショップで売れ残ってしまったコのこととか
運よく家庭犬になったのに可愛がられていないコのこととか


処分機に入れられて灰になったものは一般ごみとして捨てられるなんて
何のために生まれて来たんだろうかと悲しくなります。


何だかまだまだ書いたらキリがないほど出てきそうなんですけどね


一日でも早く!不幸な子が本当にゼロになるような「優しい日本」になってくれたらいいんだけれど。


参考までに・・殺処分ゼロに向けた こんな活動も見つけましたよ。




にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

いちごの想い

ご近所からいちごをいただきました。

渡される時に、奥さんから「色んな味があるから」って言ってたように
大きいのや小さいの、酸っぱいのもあれば甘いのもありました。
009-2_20150521231123499.jpg

実は先月帰省している時に、こちらのご主人が仕事帰りバイク事故に遭ってしまいました。
右折の年配の婦人が運転するクルマと直進のご主人のバイクの接触だったそうです。
右折車はバイクに気づいていたけれど避けられると思って発進したそうで。
バイクは数十メートル飛ばされて・・・ご主人、帰らぬ人となってしまいました。


定年を終えて再出発の第2の仕事として頑張っていて、帰りの平日の朝の出来事でした。

健康に気をつけていてウォーキングを日課にしていて、
蓮の散歩の時にもよく見かけることがあり、今でもその姿が浮かんできます。

借りている菜園で作っていたといういちご
本当は今年もジャムになっていたはずだったんだって。

自宅のパソコンにはジャム作りのレシピが記録されていたそうです。
他にもとうがらしの何とか(忘れましたが(汗))レシピも。

でもジャムは家族は食べないので今年は娘さんが作ったケーキ材料になったそうです。
ということは、ご主人だけが手作りジャムを食べていたんだろうか(苦笑)

それで、奥さんが言ってた、味やサイズにばらつきがあるというのも頷けました(^_^;)

そんなことで、ジャムになるはずだったいちごさん
うちは生でそのままいただくことに。

ほんとだ、ばらばらの味で(^_^;)

何だかご主人の想いが詰まっているようで、
食べながら  何だろう・・・
ことばで言い表せないような気持ちになって一粒一粒味わいながらいただきました。


パソコンに残されていたというこれからの人生計画

まだまだ色んな夢があったんだろうな

こんなカタチで突然絶たれるなんて思いもしていなかっただろうなぁ


朝はいつものように送り出されていて。

送り出す方も当たり前の時間に帰って来るものと食事を用意して待っているのだから。

加害者の立場にしたって同じことです。

これを一生背負っていかなければならない



ほんとうに  人生、何があるかわからないって


今回の出来事、何だかすごく考えさせられてしまいました。
 バラをどーぞ♡
2度もいただいた いちごのお礼にというわけではないけれど

庭で咲いたバラを使い捨て出来るようにとペットボトルで作った花瓶に挿して

祭壇にあげてくださいって届けてきました。

癒されるって奥さん言ってくれたけど、

どちらも、さぞ無念だったろうなぁと思うと辛いです。

          

時々考えること

もしもワタシや家族に何かあったらこの子はどうなるんだろう?って
034-2_2015052123112199d.jpg 
いつまでも一緒にいられるように、自分はもちろんだけど
家族の健康管理も気をつけないといけないと改めて思い、

送り出す時は気をつけての声掛け
これまで以上に気持ちを込めるようになっているかも。


病気に限ったことではなくて、不慮の事故なんていうのもあるわけで

そもそも、一生って決まっているものなのか、それとも未来はこれから決まっていくものなの?

何だか色々考えてしまいました(・。・;

考えたらキリがなくなる性格で困り者です



とにかく、日頃から一日一日を大切にし、落ち着いた行動が出来るように意識しようか。


何だか今日はダラダラと 書いてしまった気がしますが(・o・)




にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

           
                         
そういえばと、後から思いついたことなので追記になりますが

20年前に勤務先で突然倒れたワタシの父も
出勤の朝は何事もなく出かけて行ったの想い出しました。

新潟からの急逝の知らせ、ついその数日前に電話で
話した時はあんなに元気だったのに・・・

片道だけとなった愛車、後日に車庫に戻された姿を見て
涙が出たっけ・・・。

11月28日が命日となりました。
49日を過ぎた頃、車庫前の道に現われた雪解けの影は
誰が見てもそれとわかる父の横顔でした。

突然絶たれた命にさぞ無念だったろうなぁと思っていた中で
救われたのは、その横顔の影は笑っていたことです。

父にしたら何か言いたかったのだろうかとか
その頃、その不思議な影に身内で話題になりました。

元気でいたなら、相変わらずの じいちゃん♪ でいたのかね(笑+滝汗)

誰かに似てると思ったら・・・(笑)

こちら、先日お出かけした時、目的地に着いてクルマから下りる時の蓮です(^_^;)


時々こんな表情を見せることがあって
そのたびに、これってどこかで見たことあるような顔って思っていたんだけどね(笑)

007-3_201504141800339f3.jpg 
なに?なに?思いっきり どよ~ん顔に見えますけど

119-2_20150414180031dc5.jpg 

084-2_20150414180032cf7.jpg 

アルパカしゃん♪ 
これこれ

誰かに似てる?(笑) 
誰かと思っていたら・・・
アルパカさ~ん

どこか似ている気がする(^_^)  



え?え?なんですの?
アルパカしゃんって?しってるひとなの?
だれのことでしゅか?

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
     
プロフィール

yumi-clip

Author:yumi-clip
千葉県在
迷コンビ、レオとの日々の出来事を綴っています。

☆レオ☆
2004年6月18日生まれ
<マダムパピヨン出身>
(まーちゃん×ハル)
おっとりしていてどこか不思議な子。
少しずつブログの中で紹介していきます。

でも・・・
まだまだ一緒にいられると思っていたのに・・・レオは8歳4ヶ月の2012年11月4日に「悪性リンパ腫消化器型」が悪化してこの世から旅立ってしまいました(・_;)
ほんとうに!ほんとうに!・・・
かけがえのない子でした。

以降、おかあさんはレオはきっと生まれ変わって
また”別の姿”になって見つけられるところにいてくれるはず・・・。
こう言い聞かせて自分を励ましてきました・・・。
レオとの思い出がいっぱい詰まったこの場所を守りながら・・・。

そんな中、レオが旅立って7ヶ月になった頃に、保護犬 蓮(れん)が現れました。

それはまさにレオが繋いでくれたかのような出会いでした。

元気でいたなら
はじめまして
 
070-3_20130702124940.jpg 
♡蓮♡ 保護時推定1歳半くらいのパピヨンの男の子です。

2013年5月始めに神奈川某所にて小型犬6頭遺棄されていた中の1頭。 レオの7回目の月命日の6月4日にトライアルスタートし、 レオが元気でいたなら9歳のお誕生日を迎えるはずだった6月18日にわが家に正式譲渡になりました♪ ピコピコおもちゃ大好き!おかあさんに引っつき虫の甘えん坊。
保護されるまではケージの中だけの環境にいたせいか、
他人にはまだ恥ずかしい&緊張でお散歩に時間がかかってしまうこともありました。

蓮のペースに合わせてこれから色んなことをお勉強していきます(^_^)
応援してくださいね(*^_^*)
キネンビ
ランキングに参加中♪
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
フリーエリア
300-70-2.jpg 
フリーエリア
008-3_201503272304298d9.jpg
検索フォーム
月別アーカイブ
電力使用状況&電気予報
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR