「殺処分ゼロ」ということば

先日ちょっと久々になった公園♪
005-2_20120603151248.jpg  
                     5月14日の袖ヶ浦公園です。

007-2-4.jpg 

     花菖蒲?青い色がきれいです♥

016-2-2_20120603151244.jpg  
015-2_20120603151245.jpg 
014-2_20120603152031.jpg 
012-2_20120603152032.jpg  
           菖蒲のあいだには猫ちゃんも


ここでは、この子の他に多くの猫が見られます。
捨てられたのか?それともここで繁殖したのか?


公園のハス♪  

              池には色とりどりのハスの花もチラホラと咲いていました♪


園内には「捨てないで」や 「猫にエサをあげないで」の立札も何か所かに立ててあったりします。

最近では地域ぐるみで住民がルールを決めて世話をする「地域猫活動」をするところもあるそうです。
動物愛護と街の環境保全を両立させる方法として注目され、活動を後押しする自治体も出てきたと
先日の新聞では伝えていました。

021-2.png 
                 きもち いいよ~♪


全国の自治体で引き取られる犬猫は年間約20万匹で、その4分の3近くは猫だそうです。
繁殖期にあたる4~6月は子猫の届出が多いとか・・・。

それでも、新たな飼い主に引き取られるケースは少なく、大半は殺処分されてしまうのが現状だそう・・・
022-2_20120603151513.jpg 
       これから、ハスもたくさん咲いてきたら、さぞ賑やかになるんでしょうね。


そして、先日、こんな記事を見つけました。
↓    ↓    ↓   (以下抜粋)

犬や猫の殺処分ゼロを目指すため、民主党の動物愛護対策ワーキングチーム(田島一成座長)は31日、自治体がペット業者などから犬猫の引き取りを求められた際、理由や状況を判断して拒否できる規定などを盛り込んだ動物愛護法の改正案をまとめた。
今後、党内了承と野党との協議を経て、議員立法で今国会への提出を目指す。

環境省によると、2010年度の犬猫の引き取り数は24万9474匹、殺処分されたのは20万4693匹にのぼる。こうした状況を改善するため、現行法は「所有者から求められた時は、自治体は引き取らなければならない」という引き取り義務規定を、改正案では、十分な理由がない場合や業者などが譲渡先を探す努力をしていないと判断した場合、自治体側が拒否できるようにする。


公園♪ 
           園内をグルッと散策~♪


殺処分ゼロ・・・

2010年の例でも24万9474匹の引き取りから20万4693匹が処分・・・
残りは引き取り手があったとの判断でいいということなのでしょうか。
44781匹・・・

それをゼロにする・・・

034-2_20120603151511.jpg 

ワタシ、ペットショップでのかわいい犬、猫たちをただ 「かわいい~」 という気持ちで
見れないんです。
場合によっては素通りすることさえあります・・・。
そして、ただ「どうか、いい飼い主が見つかって幸せになってほしい」と願います。

ペットショップなどで売れ残って持ち込まれる動物の比率、高いそうです・・・

☆   ⇒動物愛護改正案の骨子案
☆   ⇒犬や猫の殺処ゼロに・・・動物愛護法改正案


046-3.png
 


ひと言で  ゼロ   と言うけれど・・・

現れた猫ちゃん
人懐こくてか?人恋しくて?か・・・
ニャ~ニャ~言いながら駆け寄ってきます。
043-2_20120603151653.jpg 
042-2_20120603151652.jpg 
044-2_20120603151653.jpg 

             ごめんね・・・
             レオがいるので野良ちゃんとの接触は避けるようにしています・
・・


041-2.png 
           桜もいつの間にか実を付けていました

この日の帰りがけの駐車場では、何匹かの中にひときわ痩せた猫がいました。
通りがかりのおじさんが「アンタ、ずいぶん痩せてるね~食べてるの~?」
と言いながらその猫を撫でていました。
横腹を撫でられたその猫はゴロ~ンと地面に横たわっています。
ニャ~・・・口はそう言って開けているけど声は出ていなかったです。
尻尾はヒョロヒョロと棒みたい・・・

ちょうどクルマに乗って、散歩も済んだのでおやつを食べて、さぁ出発!
のつもりでいたんですけどね。

いいや、レオは帰ったらで・・・。
持って来たササミジャーキーを手の中に握って・・・数歩離れたところに座っていたあの子の前に
置いてきました。
おいしそうに(?)食べてたけど・・・



↑同じ日の新聞記事では、猫について根本的な解決には飼い主のマナー向上は不可決と。
屋内飼いが望ましいとも書いてありました。


048-3.png 

             

何はともあれ、 1匹でも多くの犬や猫たちが不幸になることがないようと・・・願うばかりです。



ランキングに参加しています。
ポチッ!お願いします

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
     

コメント

私もこの記事読みました。これ、提案されるのはいいんですけど、具体的な方法を考えてるんですかね?
自治体だって殺処分を減らしたいんだと思いますよ。でも、どの場合だと引き取り拒否できるのかとか、拒否した結果、捨て犬や猫が増えてしまったらどうするのかとか、提案する政治家さんは考えてるのかなーって思います。
日本人のモラルを上げるのは1番ですけどね。ほんと命だってことしっかり考えて飼育に入らないダメですよね。しつけだって人間と同じなんだから!

あ、ペラペラと長くなってすみません。
yumi-clipさんの「ペットショップで素直に『かわいい』と言えない」って気持ちが何だか痛くて、そういう気持ちを持ってしまう人がいる日本って悲しいなぁと思ってしまったので。
そんなyumi-clipさんと一緒のレオくんは大事にしてもらって幸せだねっ 

No title

人間の都合で繁殖させられて、殺処分・・は、悲しいですね・・。。
わが家のここも ペットショップで5~6か月で、
売れ残りのバーゲンセール☆ に、なっていた子でした☆
小さな箱にずっといたせいか、5~6か月になっていたのに、
上手に歩けなくて、引き取ったのはいいけれど、初めはドキドキ・・した覚えがあります。
あのまま、残っていたら、きっと、ここも・・・と思うことがあります。
・・・法律の改正で、不幸になる子が減るといいのですが・・。
みんな、幸せになって欲しいですね~。

小夏ママさん

こんにちは^^

殺処分ゼロ・・・コトバにするのは簡単?
年間20万を超える数が実際に処分されている現状を持ち込み制限の強化で果たして数字は
どのように変わると考えてのことなのか疑問です。
その前に日本のペット事情の根本から考えないといけない問題じゃないかとも思うんですけどね。
って、私がここで言ってもどうにもならないんですけど(・・;)

以前に観たテレビ番組で海外の例としてドイツのペット事情を紹介していたんです。
そこでは、衝動買いや販売目的の繁殖予防のため、ショップで売られているのはペット用品のみで
犬や猫の展示はしていないんだそうです。
飼いたい人はブリーダーで予約して直接購入するのだそうです。
そんな国でも捨てられるペットはいるようで・・・でも殺処分場は一つもないんだそうですよ。
その代りに用意されているのが里親探しのための「動物の家」というシェルターだそうです。
そして、そこで保護された動物たちには滞在の期限はない!
無期限でいられるのです。
まさに、殺処分ゼロ!ですね。

日本のペット事情とは比較にもならないと思いました。
何だか、日本のペットとして産まれてきたコがかわいそうで・・・
だから、私はショップで展示されている子を素直な気持ちで見れないのかもしれません。
産まれてきた以上はみんな幸せにならなきゃいけないのにね。

あ、私も長々と・・・(汗)
小春ちゃんのお迎えももうすぐですね!
また、小夏ちゃん、小春ちゃん姉妹の楽しいブログも楽しみにしてま~す(*^_^*)

nonnoさん

こんにちは^^

ここちゃんは5~6ヶ月でやってきたんですね。
上手に歩けなかったとは定期的に散歩していなかったのかな・・・
nonnoさんも心配されたことでしょうね・・・。
私、ぺットショップへ行くにも売れ残ったコはどうなるの?って考えちゃうとまともにケースの中のコが
見れないんですよ・・・(・・;)

殺処分ゼロってコトバで簡単に言うけれど改正することによって数字はどう変化するのだろうって・・・。
その前に、日本のペット事情の根本から考えないといけない問題だと思うんですけどね。
ってここで言ってもどうにもならないんですが・・・(汗)

以前に観たテレビでドイツのペット事情の紹介がありました。
そこでは衝動買いや販売目的の繁殖予防のため、ショップで販売されているのはペット用品のみで
犬や猫の展示はしていないそうです。
飼いたい人はブリーダーで予約して直接購入するのだそうです。
そんな国でも捨てられるペットはいるようです・・・。
でも殺処分場は一つもないのだそうですよ。
その代わりとして用意されているのは里親探しのための「動物の家」というシェルターだそうです。
そして、そこで保護された動物たちには滞在期限は無期限ですって!
まさに殺処分ゼロ!の国なんですね。
日本も・・・見習ってくれないかな(大汗)
産まれてきた以上はみんな幸せにならないといけないですよね!
幸せになれなかったら何のために”産まされた”のって・・・

nonnoさんちの3パピちゃん、ランでの楽しそうな笑顔を見ていると癒されますよね!
うちの子になった以上は精一杯の愛情注いでいきたいですね(*^_^*)
Secre

     
プロフィール

yumi-clip

Author:yumi-clip
千葉県在
迷コンビ、レオとの日々の出来事を綴っています。

☆レオ☆
2004年6月18日生まれ
<マダムパピヨン出身>
(まーちゃん×ハル)
おっとりしていてどこか不思議な子。
少しずつブログの中で紹介していきます。

でも・・・
まだまだ一緒にいられると思っていたのに・・・レオは8歳4ヶ月の2012年11月4日に「悪性リンパ腫消化器型」が悪化してこの世から旅立ってしまいました(・_;)
ほんとうに!ほんとうに!・・・
かけがえのない子でした。

以降、おかあさんはレオはきっと生まれ変わって
また”別の姿”になって見つけられるところにいてくれるはず・・・。
こう言い聞かせて自分を励ましてきました・・・。
レオとの思い出がいっぱい詰まったこの場所を守りながら・・・。

そんな中、レオが旅立って7ヶ月になった頃に、保護犬 蓮(れん)が現れました。

それはまさにレオが繋いでくれたかのような出会いでした。

元気でいたなら
はじめまして
 
070-3_20130702124940.jpg 
♡蓮♡ 保護時推定1歳半くらいのパピヨンの男の子です。

2013年5月始めに神奈川某所にて小型犬6頭遺棄されていた中の1頭。 レオの7回目の月命日の6月4日にトライアルスタートし、 レオが元気でいたなら9歳のお誕生日を迎えるはずだった6月18日にわが家に正式譲渡になりました♪ ピコピコおもちゃ大好き!おかあさんに引っつき虫の甘えん坊。
保護されるまではケージの中だけの環境にいたせいか、
他人にはまだ恥ずかしい&緊張でお散歩に時間がかかってしまうこともありました。

蓮のペースに合わせてこれから色んなことをお勉強していきます(^_^)
応援してくださいね(*^_^*)
キネンビ
ランキングに参加中♪
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
メールフォーム
メールはこちらからどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
フリーエリア
300-70-2.jpg 
フリーエリア
008-3_201503272304298d9.jpg
検索フォーム
月別アーカイブ
電力使用状況&電気予報
フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR